Sunday, September 13, 2015

various white magic



展示前になるとやるべきこと、脳の全く違う端から端、
別々の部分を使わないと終わらないので、
多分全人類人の営みって普通そういうものなのだけど、
緊張のピークの中helllの練習があって元気になりました!

それから10月1日からのミディネクの展示会について紹介していただきました。
http://www.cdjournal.com/main/news/the-medium-necks/68320
ありがとうございます!!

記事を書いてくださったCDジャーナルの久保田さん、立川のセプチマで花火大会を企画しました!
今日!線香花火花火大会を午後太陽の下でと、ホワイトマジックっぽいイベントです。
ほわー!

Friday, September 11, 2015

helll





日時:2015年9月22日
会場 : ochiai soup
〒161-0034 東京都新宿区上落合3丁目9−10

開場 :18:00 開演 : 19:00
料金 予約2,000yen   当日2,500yen (w/1drink)
出演
Guru host(坂口光央+一樂誉志幸)
Helll
neohachi
Vvéj

Tuesday, September 1, 2015

Ferment and Jam


OCTOBER 1.2.3.8.9.10. 2015
6 days exhibition at gallery 20202

open15:00~19:00
admission free


今回5年ぶりに20202にて展示会を開催させていただくことになりました。
音楽は発酵させてできた飲み物、服は少し軽やかに出来上がる自家製のジャム
the medium necksのレーベルってそんな感じかもしれないと、ゆかりさんが話してくれました。
時間が眠っている間に微生物の生息地が出来上がるのです。全てが作用して。

詩人のまくらとツイードのマント、猫の足音、簡素な手紙、水晶の中の川、太陽の瞬き、砂と小石。
壜を手にとるオポッサム。

I am appreciate to have this petit art show at 20202 after 5 years absence.
"The Medium Necks’s music are like fermented things and the clothes are like a jam with a tripping movement." 
Yukari san( who is owner of gallery 20202) told me such things on the meeting.
Maybe a will is the first but always beyond my hands. A colony of minute creatures has made while time is sleeping. Interplay among all. 

A poet’s pillow and the tweed manteau and the sound of a cat’s footfall ,a skint letter, a river in the crystal, sunshine, sands and shingles
the opossum is taking my jar in its hands.

Ferment and Jam
by the medium necks


sorry for my strange english..!
thank you for looking through this!