Tuesday, May 1, 2012

IRON IF DESIRED fall 2011

  












言葉は何度も投げられて
かべにぶつかりくたくたになったところを
また鼻をツンとさせる樹脂で固め直したりしないと
機能しないのだ。

大木に寄りかかって木漏れ日にゆれながら
一言で終わるのかもしれない

アムールトラを寝そべりながらなでる
もしくは銃を向ける
渋谷の駅構内を自転車で横切る
フライト待ちで
うろ覚えイラストの横に亀の後尾のイラストを描く友達を笑う
リバティーの枕カバーに顔をうずめる
黄色い壁にもたれる
フィードバックの練習をする
卵形の水晶は手に入れると精神年齢が上がる、もしくは老け込んだ気分になる

道でBob Dylanの真似をする
道で泣く
心を開く
ようにする

the medium necks 2011


No comments:

Post a Comment

Lost art and art for them

  虹色の 7 つの渦に架かる白い橋を渡るとき、誰もがハンドルを握りしめていたが、その橋はまるで光沢のない上質な布のようで、滑ってしまいそうだった。 その渦は、人それぞれが思う普遍的な宇宙だとも言われていた。 「あの子ね、黄色いビーズだけ持ってきたのよ。ピンクのキルティングバッグ...