Wednesday, September 11, 2013

Extremely Loud~~~~

 & Incredibly Close 、スティーブン・ダルドリー監督の映画を思い出しました。
今日は9.11。テロの被害にあった家族を題材にした映画で、ちょうどアメリカでは2011年公開で
日本では2012年。

どんなに辛いことがあっても、角度をかえれば平和な日常はやってくる。
だから生きていると熱も衝動も片付けて気持ちを隠すことも出来たり。
わからないことだらけだけど、自分の毎日を生きるしかないよねっ。。。。

おもいつつ22日のために煮たかぼちゃと豆乳、てんさい糖の代わりにアガベシロップ、寒天とバニラと..と
適当にカボチャのプリンをレシピ無視で試作し、当日作れるかはわかりません!:))


展示についてCDジャーナルで紹介して頂きました。。
http://www.cdjournal.com/main/news/the-medium-necks/54082
全然情報ないのにも関わらず...ありがたいことです。

No comments:

Post a Comment

Lost art and art for them

  虹色の 7 つの渦に架かる白い橋を渡るとき、誰もがハンドルを握りしめていたが、その橋はまるで光沢のない上質な布のようで、滑ってしまいそうだった。 その渦は、人それぞれが思う普遍的な宇宙だとも言われていた。 「あの子ね、黄色いビーズだけ持ってきたのよ。ピンクのキルティングバッグ...