Wednesday, February 27, 2013

nested block


本屋さんで人種差別の世界史―白人性とは何か?」という本をパラパラ立ち読みしていて
何年か前に読んだネラ・ラーセンの「白い黒人」という本を思い出しました。

差別の基準は流動的で、目に見えない。
無意味な人種差別はなんで行われるのかといったら
現代社会では、はっきりとした形「お金」という基準で、はかられている(謀られてる?)からだと思います。

差別を利用する人達だけが一方的に、時間やお金、自由や豊かさを他人から搾取している現実は
長い時間かけて作られた利権は入れ子状態で、人の心理を利用してる
気持ち悪さを感じます。

だからこそそんな現実は自分の気持ちを基準にすれば、すぐに変えられると思ったりします。

わたしはわたしあなたと同じ...ていう、そういった呪文。
当たり前すぎかも。...笑。


i bump into the book called world history of racism browsing a bit in book store. 
it reminds me passing by nella larsen novels which i read few years ago or more earlier .

the standards of discrimination is invisible also in flux. 
why this meaningless activity called racism happens.
it is just for money in contemporary society. maybe.

i have been forgotten about this but i knew it is still exist and appeared in japan.
vested-interest structure is a nested block has  been taken long time for making it. 
some of the people can get money, time, freedom and any affluence from the other people now. 
using the psychology it is creepy..!!

heart is mine!
so this is convertible and vanishing easily.
when we had own standard with only own feelings.

i am me not anyone else as the same like you.
it conjure.



No comments:

Post a Comment