Thursday, March 9, 2017

🌞🌏🌝

はだかの王様の物語はミディネクにとってとっても大事な話だなと思ってます。
現実には外面的な成功や自分の立ち位置ばかりを気にする大人、習慣に浸って自分の目を無視することなどから
わたしはわたしを守りたいなと思っている。そういったことがすべて、喜びを消し去ってしまう気がするから。
それに最近はお金を貰うために子供のふりをして王様は裸だ!とだけ叫んでいる大人も多い。

The story of The Emperor 's New clothes has a lot of meanings for me as the medium necks.
I wanna save my joy from population paying no notice for their inner world also they need to be in normally normally conventional way and It is like they are losing their own eye ball.
we face new fallacy these days,  child's cry is a real lie for money.
sorry for my strange english!

sakiyo

No comments:

Post a Comment

Lost art and art for them

  虹色の 7 つの渦に架かる白い橋を渡るとき、誰もがハンドルを握りしめていたが、その橋はまるで光沢のない上質な布のようで、滑ってしまいそうだった。 その渦は、人それぞれが思う普遍的な宇宙だとも言われていた。 「あの子ね、黄色いビーズだけ持ってきたのよ。ピンクのキルティングバッグ...